ホームスポンサー広告 ≫ 筆子さんオススメの方法でCDを捨てる。「15分で27個」が私にとって特別な意味を持つ理由。ホーム筆子さん ≫ 筆子さんオススメの方法でCDを捨てる。「15分で27個」が私にとって特別な意味を持つ理由。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

筆子さんオススメの方法でCDを捨てる。「15分で27個」が私にとって特別な意味を持つ理由。


今日は、ずっと気になっていたCDを捨てようと思いました。本棚のいちばん下に保管していたCDです。

CDを27枚捨てた 004

ほこりだらけです。

本棚からすべてのCDを出しました。そしたら、すごいことになっていました。

ほこりとカビに耐えていたCD

CDを27枚捨てた 007

CDが並べてあった奥の部分に、カビが生えていました。そんなに長い間放置していたとは思わないのですが・・・。

まずは掃除機で吸い取って、そのあと、ぞうきんで拭きました。

モノを大切にしていないというのは、こういうことです。ほこりとカビに侵されたCDを放置していたことを、恥ずかしくと思います。


「15」と「27」という数字は、私にとって縁のある数字である

筆子さんの著書「1週間で8割捨てる技術」の中に、「15分で27個捨ててみる」という章があります。これについては、こちらの記事に書きました。 ⇒  4月は強い意志を持って、1日15分捨てる作業をする。

数字の「15」と「27」って、私にとって特別な数字です。偶然にも、2人の子どもの生まれた日が「15日」と「27日」なんです。「これは私にとって縁のある数字なんだ」とあえて思うようにしました。そして、私のだらだらした片付けが、もう少しスピードを上げられるようにしたいと思います。

筆子さんの前著から引用します。

これは「捨てる」加速度がつく方法です。もったいなくて、モノがなかなか捨てられなかった人でも、不用品だったら自分だって捨てられると自信を持ち、捨てる快感を味わうことができます。


筆子さんは、テーマを決めて捨てる方法も挙げています。

彼女自身、27着の服、27枚のCD,27冊の本などを捨てた経験から、「15分で27個捨てる方法について、「捨てる効果は抜群」であると言っています。 

今日は、筆子さんと同じように、「15分で27枚のCDを捨てる」というのを実践しました。


CDを捨てるのは、そんなに難しいことではなかった

CDは、今まで何度も処分してきたのですが、まだまだ不要なものがたくさんあると思っていました。なかなか処分しなかったのは、それぞれに思い出のあるCDで、曲自体はもう聞かないけれど、CDそのものを手元に置いておきたかったからです。

いや待てよ、そう思ってきたけれど、本当にそうなのか・・・?

CDそのものに愛着があって捨てられないのか。1枚1枚手に取ってみたところ、その思い出もあいまいで、手放したからといって、さほど喪失感はないのではないかと思えました。

15分もかからず、捨ててもよいCD27枚を選び出しました。

CDを27枚捨てた 013

こんなにすぐに選んでしまって、本当に困らないのか。後で曲を聴きたくなったら、どうするのか。考えなくてもよいことを考えてしまいました。

でも、元に戻そうというCDはありませんでした。ほっ!(笑)

娘のCDは勝手に捨てられないし、息子が気に入っているサザンオールスターズのCDもそのまま残しました。

残ったCDは、35枚。あと半分くらいには減らせそうな気がします。

捨てたCDのおもなものは、ジャズとクラシックです。ピアノの曲が好きでした。その他、中森明菜、沢田知可子、ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリーなんかもありました。

シングルのCDも出てきました。これらも一緒に処分します。

CDを27枚捨てた 012


CDは、なくても困らない

そういえば、母が亡くなった時までは、実家に古いLPがたくさんあったけれど、弟夫婦が処分してくれたのかな。

最近、音楽を聴くことが減っています。あまり聴きたいと思わないのはなぜなんでしょう。でも、自然にまかせていれば、また聴きたくなることもあるかもしれません。

息子に、この曲いいから聴いてみなよと言われ、スマホに入れてもらっても、あまり聴いていません。

これを書きながら、思い出しました。まだ、別のところにCDが保管してありました。次回は全て出してこなければ。

こう思えることで、とても気持ちが楽になります。

音楽は、気に入った曲は何度も何度も聴きました。でも、聴く曲は、その時々で変わるので、今、聴いていないのなら、CDとしては必要ないのだ思えます。

CDを聴きたいと思ったら、図書館で借りることもできるし、TSUTAYAで借りてもいいし、自分で持っていなくても平気です。

こう思えることで、とても気持ちが楽になります。

私にとって、本に比べ、CDは処分するのが苦にならないということがわかりました。

私の住んでいる地域では、CDもケースも「燃やすごみ」に分別されます。そのままゴミ袋に入れればいいので、楽に処分ができます。


ブログをお休みしていて考えたこと

体調を崩し、1週間以上もブログを更新していませんでした。心配してくださっていた方には、心から感謝します。やっと元気になりました。

寒い冬を元気で乗り越えたと思ったら、春になって風邪をひき、よくなったと思ったらまたぶり返したので、腹をくくって、片付けもブログもお休みしました。

健康であってこその断捨離であるということが身に染みてわかりました。「元気で断捨離する」というのが、これからずっと私のテーマの一つになると思います。

今日、カビだらけの本棚を見て、「これじゃあ、体調も悪くなるよ」と思いました。家の中にホコリやカビをためこんでいて、健康でいられるとは思いません。

片付けも掃除も、意を決してやるのではなく、生活の一部として溶け込んでいくように、とにかく最低15分はそれに充てることにします。


今日もこのブログを訪問してくださり、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

macaronさん、どうもありがとうございます。

少しずつ、体を鍛えていかなければと思っています。

はる野 | 2016.04.17 20:40 | URL


大変でしたね(>_<)ご自愛ください

macaron | 2016.04.16 21:30 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。