ホームスポンサー広告 ≫ こんまり流の収納がリバウンドしていたので、洋服を減らして仕切り直し。ホーム近藤麻理恵さん ≫ こんまり流の収納がリバウンドしていたので、洋服を減らして仕切り直し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

こんまり流の収納がリバウンドしていたので、洋服を減らして仕切り直し。


実は、今年に入ったあたりから、洋服をきちんと収納していませんでした。

押入れの中の収納ケースこんまり(近藤麻理恵)さんの提唱する「立てて収納」というのを、しばらくやっていたのですが、いつの間にか、ケースの中はぐちゃぐちゃになっていました。

【ビフォー画像】です。

リバウンドこんまり流整理術が 013

もう一度、こんまりさんの本(「人生がときめく片づけの魔法」)を出して、該当する箇所をチェックしてみました。

収納ケースがリバウンド


収納ケースに洋服を無理やり押し込むことが続いていて、軽いストレスを感じていました。

こんまりさんは、このように書いています。

積んではダメ、基本は「立てて収納」する(「人生がときめく片づけの魔法」190ページ)。

私、立てたり積んだりを、1つの収納ケースの中で、同時にやっていました。だから、洋服の出し入れがしにくかったのです。

さっさと片付ければいいのにね。

こんまりさんの洋服の収納術を初めて実践したのは、昨年の9月です。洋服を断捨離して、手元に残した洋服を収納ケースにきちんとおさめました。その時は、収納がビシッと決まって満足感がありました。
 ⇒ こんまり流の洋服収納を片付け苦手な主婦が実践したら・・・

とはいえ、毎日洋服をキレイにたたんで立てて収納するというのは、たったそれだけのことなのに、面倒だと感じていました。

面倒だと感じないようにするには、できるだけシンプルにすることだと思います。そのためには、やはり洋服を減らすしかありません。

ケースの奥の方に眠っていた洋服は、今シーズン着るかもしれないと思って残しておいた洋服ですが、結局一度も着ていません。

これらを処分します。

リバウンドこんまり流整理術が 022


一度全部、洋服を出してから、必要なモノだけを、再び収納ケースに入れていきました。

【アフター画像】

リバウンドこんまり流整理術が 015


収納は、8割収納とよく言われますよね。私は今回、約7割収納を実現しました。空きスペースは3割くらいだと思います。

リバウンドこんまり流整理術が 017


これだと、洋服の出し入れが楽にできます。


できていないこと・できていること


昨年の整理からしばらくの間は、ケースはきれいに保たれていました。

ケースの中が乱れた理由は、きちんとたたむのが面倒だったり、洋服の量が多くて、きれいに収納するのが難しかったということでしょうか。

必要なのは、定期的に、収納場所をチェックすることです。言うのは簡単ですが、これがなかなか難しい。

今のところできているのは、洋服を増やしていないことです。昨年は、洋服を1着しか買いませんでした。
 ⇒ 洋服をなかなかリサイクルに出せない私の事情を告白します

今までだったらすぐに洋服を買ってしまっていたところを、ぐっとこらえて、着回しを考えるようになりました。
 ⇒ 洋服を買わずに手持ちのモノでおしゃれして、友人に会いに行く。

ただし、子どもたちの洋服は、今年になって、まとめて買いました。処分する洋服が出てこないので、結果として洋服が増えたことになります。

唯一、息子が先日、ボロボロになったTシャツを捨てていました。

今日はとりあえず、すっきりしたところで、終了です。リバウンドしたと気づいたら、またやり直せばいいと、気楽に考えましょう(笑)。


今日も読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。