ホームスポンサー広告 ≫ 3月中に終わらせよう。親の家の汚部屋片付けがまだ途中。ホーム親の家の断捨離 ≫ 3月中に終わらせよう。親の家の汚部屋片付けがまだ途中。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

3月中に終わらせよう。親の家の汚部屋片付けがまだ途中。


3月になりました。今月の目標は、「片付け途中の親の家の汚部屋をキレイにする」です。

何年も前のねずみのフンがそのままになっていた、あの部屋の片付けを完了させます。

手紙を全処分 003


2月の目標である「古い手紙を断捨離する」は、期限を決めたことで、なんとか目標を達成できました。

無理やり間に合わせたので、バタバタしてしまいましたが(笑)。

3月は、こんなことにはならないようにします。
義母が風邪をひいて寝込んで、デイサービスは休むし、足は動かなくなるしで、断捨離がストップしていました。

風邪は無事に回復し、デイサービスにまた行けるようになり、足もなんとか動くようになり、また同じような日常が戻ってきました。

前回、ねずみのフンを掃除してから、もうすぐ3週間になります。
 ⇒ 親の家の汚部屋の床を初めて見た! ねずみのフンの除去完了。

3月は、この部屋から不要のモノをどんどん取り除き、すっきりした空間を手に入れようと思います。

義母の家は、片付けなければいけない場所、捨てなければいけないモノが、てんこ盛りです。

やりがいがあります(笑)。

昨年10月に、初めて義母の家を断捨離することにした時、どこから手をつけたらいいかわからずに、とまどったことを思い出します。
 ⇒ 親の家の断捨離開始!気が遠くなりそうだ

半年近く経った今では、捨てるモノと残すモノを判断するのに、それほど悩まなくなりました。いたる所にある古い紙類はほとんど処分してよいものだとわかったこと、大変だった義父の遺品はほぼ処分できたこと、などによります。

とはいえ、自分のモノではないモノ、亡くなった義父と、今住んでいる義母と義兄のモノを片付けるわけですから、自分勝手に断捨離を進めてよいとは思っていません。

決断力に、謙虚さと思いやりを加えて、断捨離していこうと思います。


今日も、おつきあいいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。