ホームスポンサー広告 ≫ 断捨離していると言いながら、娘のモノを買ってストレス発散している母親の話ホーム断捨離するのが難しい ≫ 断捨離していると言いながら、娘のモノを買ってストレス発散している母親の話

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

断捨離していると言いながら、娘のモノを買ってストレス発散している母親の話


最近、買い物をするとき、本当に必要なものかどうか考えてから買うようにしています。「これ、あったら便利かもしれない」と思っても、すぐに使わないものは買わないと決めています。

このように、買うモノをどんどん減らした結果、家計に余裕ができたかというと、そうでもないのです。

お金は出ていくし、モノは増えるしで、これでは断捨離してることになりません。

illust3.jpg

原因は、自分にありました。

買うモノを減らすことで、家計に余裕が生まれる

これはシンプルな法則です。

これを実現するには、家族みんなのモノを減らすのがよいのですが、なかなかうまくいきません。

わが家には大学生の息子と高校生の娘がいます。

息子はアルバイトをしているので、自分のものはたいてい自分で買っているのですが、時々、親が洋服代などを出しています。

洋服について言えば、もともとあまりおしゃれに興味がない息子は、数少ない洋服を着回しています。

表面的にはミニマリストと言えます(笑)。

着ていない洋服がタンスに眠っているので、これを処分したら、本当のミニマリストになれます。

娘は、毎日制服なので、それほど洋服は必要ないのですが、部活動で着るウエアだとか防寒着だとかを、その時々に購入しています。

最近、タンスの中に、娘の洋服や部活のウエアが入りきれなくて、私のタンスに侵入してきています。

娘のタンスを見ると、息子同様、しばらく着ていない洋服が奥の方に入っています。

でも、よくよく考えてみると、私の中に、「娘のモノなら買ってもいい」という気持ちがありました。私自身、娘と一緒にネットで洋服を探すのを楽しんでいたのです。

私、自分の洋服は、昨年は1着しか買いませんでした。そのことを少し自慢に思っていました。でも、娘の洋服を買うことで、自分の洋服を買わないストレスを発散していたのではないかと思います。

洋服を買わないことを、私自身、納得して受け入れていなかったということです。

実は、つい最近まで、私は自分の問題に気づいておらず、「娘のモノはどんどん増えていくし、出費も増えるし」なんて嘆いていました。

それは本当に必要なモノなのか、娘に考えさせていただろうか。

断捨離するということは、ただ単にモノを減らすことではないと、わかっていたはずなのに・・・。

子育ては、自分育て。気づけて、よかった。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。