ホームスポンサー広告 ≫ 10年ぶりの換気扇掃除(2回目)は、汚部屋息子が手伝ってくれた(超汚画像あり)ホーム掃除する・キレイにする ≫ 10年ぶりの換気扇掃除(2回目)は、汚部屋息子が手伝ってくれた(超汚画像あり)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

10年ぶりの換気扇掃除(2回目)は、汚部屋息子が手伝ってくれた(超汚画像あり)


10年以上放置している換気扇の掃除にやっと取りかかりましたが、給湯器が突然壊れてお湯が使えなくなったため、中断していました。

今日は、第2回目の換気扇掃除をしました。一人でやるのはきついなと思ったので、息子に助っ人を頼みました。

汚部屋住人の息子については、こちらに書いています。⇒ 汚部屋息子について


汚部屋息子


前回同様、汚画像を掲載していますので、ご了承ください。

10年以上放置した換気扇の汚れ、どうやって落とす?


今日の換気扇掃除、実は急に思い立ったので、前回のようにとろとろ石けんで汚れを浮かす時間がなく、いきなり洗い始めました。とろとろ石けんというのは、石けんをお湯または水で溶いてとろとろにしたもののことです。

前回の換気扇掃除については、こちらに書いています。
⇒ 10年ぶりに換気扇を掃除。使ったのはシンプルなものだけ(超汚画像あり)

あれから2週間近く経ってしまいました。

わが家の換気扇は10年以上、掃除をしていません。もしかしたら15年近く(大きな声では言えませんが)、掃除していないかもしれません。

だから、一度や二度の掃除ではキレイにならないことを覚悟しています。また、ピカピカにしようなんていう大それたことも、考えていません。

そこそこキレイになれば十分です。ハードルは低いですよ(笑)。


換気扇の掃除の流れ


まず、シロッコファンをはずします。ネジが油で固まっていたので、取るのに苦労しました。

10年ぶりに換気扇の掃除② 010


シロッコファンにとろとろ石けん(石けんをお湯で溶いたもの)を載せ、しばらく置きたいところですが、時間が取れないので、とろとろ石けんを載せてすぐに歯ブラシでこすりました。

10年ぶりに換気扇の掃除② 018

かなり汚れが落ちました。ほんとうに石けんは天才だと思うのです。とろとろ石けんについても、こちらに書いています。

酸性油汚れアルカリ性石けんで分解します。だから、換気扇の掃除に専用の洗剤を使わなくても、石けんで十分だというわけです。。石けんがいろいろな掃除に使えることは、別の機会に書きますね。

10年ぶりに換気扇の掃除② 033


一度すすいだら、羽の部分の内側に頑固な汚れが・・・。

10年ぶりに換気扇の掃除② 048

再度、とろとろ石けんをつけてこすってみましたが、ほんの少し、汚れが取れただけでした。

でも、上下の部分は、カンペキです。

10年ぶりに換気扇の掃除② 037

もう少し、石けんを載せておく時間があれば、もっとキレイになったと思いますが、今日はここまでにします。

あとは、シロッコファンを元に戻して、ネジで固定して、出来上がりです。

シロッコファン以外の部分は、まだ汚いですが、シロッコファンは、きれいになっているでしょう?

【ビフォー画像】

10年ぶりに換気扇の掃除② 009



【アフター画像】

10年ぶりに換気扇の掃除② 056


汚部屋息子が頼りになった


高いところの作業なので、やっているうちに、首や腕がつらくなってきたので、息子に代わってもらいました。

10年ぶりに換気扇の掃除② 054

「なんでこんなにベトベトしてるんだよ。」「うわ、髪の毛についた。きたねぇ!」などと言いながらも、私が頼んだことを、よくやってくれました。

今日は、ほとんどの写真を彼が撮ってくれました。

お礼は、年内に餃子を作るということに決定。安くあがりました(笑)。

今日の換気扇掃除は、1時間半くらいかかりました。あと1回で終わると思いますが、年内にできるかな。換気扇に限りませんが、汚れは溜めれば溜めるほど、落ちにくくなっていきます。10年も溜めてはいけませんね。

今日は、疲れました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。